誠に勝手ながら 7月27日(土)〜7月31日(水)の間、担当者不在のため発送をお休み致します。
期間中のお問い合わせ・ご注文発送につきましては8月1日(木) から順次対応いたします。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

ちゃのま保育園の「大丈夫!」カレンダー

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2019/06/10 00:48

こんにちは。
子育て中、心が“ふわっ”と軽くなる!「大丈夫カレンダー」ブログ担当の小林です。
日めくりカレンダー「大丈夫カレンダー」は、忙しい保護者が子供とおだやかな時間を過ごせるよう
になるための、日めくりカレンダーです。

前回は、花王社会起業塾の勉強会、意見交換会で、とくに印象に残った1人の男性からの
アドバイスをベースに、子育てママとパパの意識の違いについてお話いたしました。
さて今回は、印象に残ったもう1つのアドバイスをご紹介させていただきます。

前回のブログはこちら


今回のアドバイザーは、花王社会起業塾のコアメンバーの中でも、とくに発言力の強い、
大ベテランの女性で、われらがプロジェクト代表の宮村さんにとっても、ぜひともご意見を
伺いたい(そして、できれば褒めてもらいたい)恩師とも呼ぶべき方でした。

その恩師は、未来の社会起業家たちを、厳しい姿勢で育てることで有名な方。
そんな噂のある方ですから、とても激しい、どちらかというと否定的な意見が多い
アドバイスになるのではないかと、内心ドキドキしていました。

ところが、恩師のアドバイスは意外にも好感触なもの。
これまでの学びが、「カレンダー製作」という具体的なアクションに進歩したことにも、
大変前向きな感想をいただけているイメージで、ホッとしてしました。

ところが。
改善点についてご意見を求めたところ、予想外な一言がやってきたのです。

「専門家からのアドバイスを削って、キャッチコピーだけにしてみたら?」

企画の段階でも、一度は出ていたかもしれない「キャッチコピーだけ」の案。
このアイデアが、恩師のアドバイスとして出てきたことに、とても驚きました。

あらためて、「大丈夫カレンダー」の活用イメージをまとめてみます。
①子育てパパママへの、保育士からの優しい「声掛け」がキャッチコピーになっている。
②発達の専門家による、子育ての困り事への詳しいアドバイスがついている。
③優しい声かけだけでなく、専門的な見地からも根拠のある安心感を与えられる。
③ゆえに、子育て中のパパママの心が、カレンダーを見ることでふわっと軽くなる。

大丈夫カレンダーを使う効果は、こんな流れで作用していきます。
いや、そうなっていくものと、私たちは自信を持ってシミュレーションしていました。


そこにきて、キャッチコピーだけにするという方向転換。
このアドバイスを、どのように受け止め、聞き入れていくか、正直戸惑いました。
しかし理由を聞いて、なるほど一理あるかもしれないと、すぐに思い直したのです。

恩師の言うところでは、子育て中のママパパは、忙しすぎて細かい文字で書かれた
専門家のアドバイスを読んでる暇がないのでは?というご意見。
そしてまた、ただでさえ迷いや苦しみの中にいる子育て中のパパママに対して、
専門家による「正論」が、本当に響くのかという、ベテランならではの問いかけ
でもありました。少なくとも私には、そのように感じられたのでした。


結果的に、専門家からのアドバイスは残すことになりました。
代表の宮村さんの理念や、カレンダーを手にするパパママに、何が届いて欲しいのか
をあらためて考えた末、コンセプトは変えずに進めようという流れになったため。

実は恩師の女性に、お子様がいらっしゃるかどうか、(私には)確証がありません。
ただ、カレンダーを買われた方が、どんな心理状態で、どんなシチュエーションの中で、
どんなメッセージを受け取るのか、今一度考える大きなきっかけになったことは
間違いありません。

また一方で、もし恩師にお子様がおり、すでに子育てが終わっている場合、過去の
具体的な経験があるゆえに、専門家のアドバイスが過剰な情報に見えてしまった
という可能性も、あるかもしれません。

そういう意味では、初めてのお子様か、2人目のお子様かによっても、受け取り方が
まったく違うだろうというイメージが、とても具体的に描けるようになりました。


カレンダーを届けたいお客様は、0、1、2歳の子育てをする忙しいパパとママ。
中でも初めての子育てに悪戦苦闘するパパママには、ぜひとも活用して欲しい。
私たちのお客様は誰なのかを、あらためて意識することの大切さを学べた、
とても価値のある勉強会となりました。

長くなりましたので、続きは次回に。

子育て中、心が“ふわっ”かるくなる!「大丈夫カレンダー」販売ページはこちら
https://www.daijyoubu-calendar.jp

ちゃのま保育園とは 東京都墨田区に実際に存在する小規模保育所。代表は、2人の我が子が待機児童になったことを機に、自ら保育園を立ち上げた墨田区のおかあさん。「茶の間」にいるおばあちゃんのように、愛情たっぷりに子どもを見守り、保護者に寄り添う保育士がそろう、笑顔あふれる保育園です。